マレーシアのSIMを賢く使うには?徹底解説!

マレーシアのSIM事情とは

海外で長期間生活する上で必須となるスマホの通信環境。実は海外では日本と異なり、スマホの格安SIMが普及しています。マレーシアも例外ではなく、格安のSIMプランを利用することでお得にインターネットを利用できるんです。

しかし私たち日本人にとって格安SIMはあまり馴染みがなく、いまいち仕組みが分からない…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?私もその一人でした。

今回は急速な経済成長を遂げるマレーシアにて、現地で購入できるSIM事情を見ていきましょう!

出発前に事前に準備すべきこと

出発前の準備
海外でよりお得にインターネットを利用するために、必ず行わなくてはいけないプロセスがあります。それは、SIMフリーのスマホを準備すること!!

日本のスマホ事情は少しやっかいで、基本的に1つの通信事業のキャリアと契約すると、SIMロックがかけられ、他社のSIMに差し替えることができない仕様になっています…。

海外で格安SIMを使うには、このSIMロックを解除して、スマホをSIMフリーにしてあげる必要があるんです。これを忘れると、現地でせっかくSIMを購入しても使用することができないので注意しましょう。

マレーシアのSIM事情

マレーシアのSIM事情とは
マレーシアでは、日本と同じように通信キャリアと契約してネットを使えるようにする方法もあります。しかし数年間の契約縛りがある場合もあるので、基本的には現地で生活する方用で、留学やインターンなど、一定期間しか滞在しない方にはお勧めしません。

もう一つのやり方として、マレーシアではプリペイド式の格安SIMが主流です。日本国内の通信プランは、ほとんどがポストペイド(月額プラン)ですので、プリペイド式のSIMはあまり耳にしないかもしれません。しかし実は仕組みは簡単で、SuicaやPASMOといったICカードと同様です。

プリペイドSIMにはそれぞれ有効期限が設定されていますが、チャージする(現地ではtop upと呼びます)ことで使用可能な期間を延長できます。また、top upした金額からデータプランを購入することもできます。

マレーシアのプリペイド式SIMは、空港または市内、コンビニなど、どこでも購入可能ですが、購入の際にはパスポートと現金での支払いが必要になることを覚えておきましょう。

マレーシアの通信会社

マレーシアの通信キャリアで有名なのは、CelcomMaxisDigi、の3社です。中でもCelcomはマレーシア国内で最大の通信事業会社で、インターネットのカバー率も高いです。

ちなみにマレーシアには、U – mobileという国内第4手の通新会社があるのですが、国内の通信カバー率が低く、あまり一般的ではないようなので今回は省略します。

各社プランの特徴

マレーシアのSIMプラン比較
会社によってSIMのプランは様々です。以下、各社のプランを詳しく見ていきましょう!
尚、日本円への換算は1RM≒27円で計算しています。

Celcom – Xpax SIM

価格有効期限利用可能データ国内通話備考
RM25
(約675円)
7日間2GB25分
RM45
(約1215円)
30日間15GB25分5GBの4Gインターネット
RM65
(約1755円)
30日間20GB25分10GBの4Gインターネット
RM95
(約2565円)
30日間40GB25分15GBの4Gインターネット

*200MBの高速インターネット
*10GBのInstagram閲覧
*WhatsApp, WeChat, LINE ,IMO,VIBERが使い放題

Maxis – HOTLINK SIM

価格有効期限利用可能データ国内通話備考
RM20
(約540円)
7日間1.5GB
RM50
(約1350円)
30日間6GB
RM60
(約1620円)
30日間8GB
RM80
(約2160円)
30日間10GB無制限

Digi – Traveler SIM

価格有効期限利用可能データ国内通話備考
RM20
(約540円)
7日間9GB20分(うち10分は国外用)データ内訳は2GB+7GB(WhatsApp, WeChat,Facebook用、1GB/日)
RM40
(約1080円)
15日間25GB60分(うち30分は国外用)データ内訳は10GB+15GB(WhatsApp, WeChat,Facebook用、1GB/日)
RM40
(約1080円)
30日間5GBRM5(約540円)分のクレジット13時―19時はさらに30GB無料(1日1GB)
RM50
(約1350円)
30日間7GBRM7(約189円)分のクレジット13時―19時はさらに30GB無料(1日1GB)
RM60
(約1620円)
30日間10GBRM7(約189円)分のクレジット13時―19時はさらに30GB無料(1日1GB)
RM80
(約2160円)
30日間15GBRM7(約189円)分のクレジット13時―19時はさらに30GB無料(1日1GB)

マレーシアには主に7日間の短期向けプランと、短期滞在者向けの30日間有効なプランがあります。30日以上滞在する場合でも、期限が切れる前にオンラインやアプリでSIMの本体アカウントをチャージすることで、新たなSIMを購入することなく継続して利用することができます。

短期向けのおすすめプラン

旅行などで短期間の滞在となる方へは、Digiのプランがおすすめ。使えるデータの大半がチャットアプリ向けというのは少しもったいない気もしますが、比較的値段が安いというのがメリットです。

また、ネットを使って行きたいお店の場所を検索したり、友達と連絡を取ったりする程度の利用頻度であれば、7日間で自由に使えるデータが2GB分あれば十分カバーできると思います。

長期向けのおすすめプラン

期間が長めの方におすすめしたいのは、Celcomのプランです。国内最大の通信キャリアとあってインターネットの接続は比較的安定しており、使えるデータ量も値段との比較で多い方ではないでしょうか。

特にInstagramの閲覧が10GB分もついてくるのは、Instagramユーザーにとってはかなり嬉しいですよね。私もこのプランにしたいです。(笑)

まとめ

マレーシアのSIMについてご説明してきましたが、いかがでしたか?プリペイド式のSIMは日本ではあまり馴染みがないので、複雑に見えますよね。でも実はその仕組みは簡単で、日本の通信制度よりも格段にお得です。

また、格安SIMはマレーシアだけでなく、海外では一般的です。一度仕組みを理解すれば、海外旅行の際もわざわざ日本からWi-Fiルーターを借りずに、安くインターネットに接続できちゃいます。

格安SIM を使いこなして、マレーシアの生活をより快適に過ごしましょう!

東南アジアの新しい地域拠点

マレーシアに挑戦!!

 10年連続(2006年〜2015年)で日本人が移住したい国No.1