フィリピンで英語勉強!フィリピンは英語勉強に適している?

フィリピンでインターンをするためのビザまとめ

集中的に短期間で英語学習したい人にとってフィリピンは、注目です。今回、なぜフィリピンは英語の短期集中学習に適しているのかまとめてみました。そこで以下の項目で様々な視点から「なぜフィリピンなのか」「フィリピンの英語」について見ていきましょう。

 

なぜ、フィリピンなのか

世界で三番目に英語を話す人が多い国は、アメリカ、インドに次いでフィリピンなのです。一方、英語を母語としない国を対象としたEF EPI(英語能力指数)では、東南アジアの中でシンガポールの次にフィリピンがランクインしています。フィリピンは、日本から直行便で約5時間と近くに位置しています。そして、注目すべき点は、費用対効果が大きいことです。フィリピンの物価は、日本の3分の1と言われています。低コストでハイクォリティーな英語教育を受けられる、短期的に英語学習をしたい日本人にとって最適な場所なのです。では、具体的にどのような教育が受けられるのか、費用について見ていきましょう。

フィリピンの英語学校

どの語学留学にも言える事ですが、日本で勉強すべき文法、英単語について最低限学んでから出発するようにしましょう。英文法や英単語が未熟な人は、帰国まで成長があまり無い場合が多いです。語学留学では、英語を英語で学びます。このことを頭に入れておくといいです。

さて、フィリピンの語学学校の特徴は、ワンツーマンの授業です。短期で集中的に英語を伸ばすためみっちり英語学習が行われます。また、近年では多くの語学学校が設立されています。学費は、学校の設備等で変わりますが1か月10万円前後のところが多いです。学校によって教育方針、システムが異なるため学校選びは重要となります。

 

フィリピン英語とは何か

多くの日本人が言うフィリピンの英語訛りは、本当なのでしょうか。フィリピンでは英語は公用語化され、幼稚園の頃から英語学習が始められています。語学学校の先生などは、大学を卒業している場合が多いため発音はネイティヴに近いです。ただ、街に出かけるといわゆる鈍ったフィリピン英語を聞くことができます。

 

鈍った英語とは?

鈍った英語とは、「方便」のようなものです。皆さんが想像する綺麗なの英語は、アメリカ英語、イギリス英語でしょうか。この国の中でも人種、地域によって発音は異なります。そもそも英語をどう捉えるかによって目指すものが異なります。英語を「世界の共通語」としてみると、様々な訛りが混在し英語として世界で使われています。我々が提供するインターンサービスでは、様々な人種が存在しこのことを実感できる機会となります。

 

フィリピン人はなぜ英語が話せるのか

フィリピン人は、なぜ英語が話せるのでしょうか。歴史的背景、地理的要因を含め、紐解いていきましょう。

フィリピンの歴史は、複雑のため簡単に説明します。約500年前、スペイン人のマゼランが船団を率いり、フィリピンを侵攻します。その後、現地民族が抵抗しますが約300年間の間スペインの植民地となったのです。アメリカの支援を受け1898年にスペインからの支配から独立しますが、その後アメリカにより植民地支配されます。そして、太平洋戦争を経てフィリピンが独立へと向かいます。

フィリピンは、地図を見ればわかるように島々で構成されています。そのため、島ごとに派生した言語があり、フィリピン人同士でも意思疎通が困難でした。そこで、フィリピンを統治していたアメリカは統治政策の一環として、英語を導入します。アメリカは、1000人の英語教師を送り込んだのです。現在では、フィリピン語(ダガログ語)と英語が公用語となっているのです。

 

フィリピン人はなぜ英語を勉強するのか

フィリピン人は、高校を卒業していれば英語を話すことが当たり前で、大学を出ていれば高度の文献もスラスラと読めます。しかし、なぜフィリピン人は英語教育に力を入れるのでしょうか。前述したように、公用語である点は大きいですが、フィリピン人が英語の重要性について知っていることが一番の要因です。フィリピンは、国内での雇用問題、経済の未熟さによって、国外に目を向けることが余儀なくされています。シンガポールでは多くのフィリピン人が出稼ぎに来ているのを見かけます。フィリピン人は、英語が使えることでチャンスを増やしているのです。皆さんも英語を使えることで自分の可能性が広げられたらいいですね。

 

まとめ

紹介したようにフィリピンでは、短期で集中的に英語力を伸ばしたい人にとって環境が整っています。しかし、実際にビジネスで「英語を使う」こととは異なってきます。そんな経験がしたいという方は、インターンに参加してみたらいかがでしょうか。