格安セブ島留学と1か月の予算事情

格安セブ島留学と1か月の予算事情

留学といえばアメリカやカナダなどの欧米のイメージが強いですが、最近ではフィリピンのセブ島を留学先に選ぶ学生も増えてきました。気になる予算や週末の過ごし方を含めてご紹介します。

セブ島ってどんな場所?

ビーチの有名なリゾート地、観光先として知られているセブ島ですが、実際どんな場所なのでしょうか?

セブ島はフィリピンにある島の一つで、フィリピンのおおよそ中間に位置しています。大きさは山梨県とほぼ同程度の大きさで、街としてはセブ島の繁華街とされるセブシティとリゾートホテルが多く立ち並ぶビーチとして有名なマクタン島に分けられます。空港はマクタン島にあり、セブ島とは橋でつながっており、セブシティまでも車で約30分程度とそれほど大きな街ではないことがわかりますね。

時差は日本より1時間遅く、平均気温は年間を通して温暖でおおよそ26℃~27℃です。

セブ島へは日本から直行便が出てる

日本~セブ島間には直行便があり、約4時間半で行くことができます。また、LCC(格安航空)も飛んでいて、時期によっては4万円~5万円程で行けるのもセブ島の魅力です。

 

セブ島留学の特徴

費用が抑えられる

物価の低いフィリピンでは、欧米の語学学校と比べて授業料、滞在費は約半分程となります。生活に掛かる費用も日本の2分の1~3分の1程度なので、英語の学習をしながら週末はお買い物まで楽しめます。

 

マンツーマンレッスン

フィリピン留学の最大の特徴は、1対1(マンツーマン)でのレッスンです。欧米の語学学校ではグループ単位のレッスンが多く、長期休みの時期だと1クラスの生徒が15名程になります。1対1のレッスンでは、グループレッスンで起こりがちな「周りの生徒の発言が多く、自分の質問ができない」といった問題が起こりにくく、細かな英文法やスピーキングを伸ばしたい学生にとっては最適の環境です。

 

リゾート地での英語学習

セブ島は、常夏のリゾート地としても有名で、語学を学びながらリゾート気分も味わえます。市内からビーチまではタクシーで1時間掛からずに行けますので「平日は勉強」「週末はマリンスポーツ」といったライフスタイルを経験することもできます。

 

セブ島内の語学学校の授業料比較(3校)

QQ English

QQ Englishは、セブ島内で外資系企業が集まるビジネス街、ビーチサイドの高級リゾート地区の2カ所にキャンパスを保有しています。

セブ島の語学学校の多くは日系語学学校のため、在籍する学生の約50%が日本人学生ということも一般的です。QQ Englishでは、日本人を含め30か国以上の国籍を持つ学生が集まっていて、英語学習以外でも国際的な人間関係を構築できる環境を整えています。(ピーク時以外の時期は約10ヵ国の学生が在籍しています。)

学校名QQ English
特徴1治安の良い立地で学習
特徴2850人の教師全員が英語を教える資格を保有
特徴330か国以上の学生が集まる多国籍な環境
授業料と滞在費174,900円
入学費15,000円
合計189,900円

 

3D Academy

3D AcademyはJYスクエアモールと呼ばれるショッピングモール内に位置しています。スーパーマーケットまではなんと徒歩10秒、コンビニやレストラン、ドラッグストアまでもすぐ行くことができ、利便性は抜群です。

また、留学で初めて親元を離れるという学生も多いのではないでしょうか?英語の学習で手いっぱいの中、掃除、洗濯まで自分でやらなければいけない環境にストレスを覚えるかもしれません。3D Academyでは掃除、洗濯、シーツの交換までが費用に含まれているため、完全に英語学習だけに集中することができます。

学校名3D Academy
特徴1ショッピングモールの中に学校
特徴2洗濯、掃除サービスまでついている
授業料、滞在費129,000円
入学金15,000円
合計144,000円

 

Howdy

セブ島の語学学校では既存の建物を利用している学校も多くある中、Howdyは2014年に竣工された清潔なキャンパスで生活をすることができます。

Howdyではプロの日本人料理人が献立を考え、提供しています。フィリピンの水道水は日本とは異なる硬水ですが、Howdy では水をろ過し、日本と同じ軟水に変えてから提供するという徹底ぶり。海外では水が合わずに体調を崩すという方も少なくありませんがHowdyではその点も安心です。

学校名Howdy
特徴1きれいな校舎で快適な生活
特徴2日本人シェフによるおいしい食事
授業料、滞在費185,300円
入学金13,200円
合計198,500円

 

一週間のスケジュール

時間平日土日
07:00 ~ 08:20朝食朝食
08:30 ~ 09:20マンツーマンクラス自由時間

(自主学習、マリンスポーツ、市内観光、ショッピングなど)

09:30 ~ 10:20マンツーマンクラス
10:30 ~ 11:20マンツーマンクラス
11:30 ~ 12:20グループクラス
12:30 ~ 13:20昼食昼食
13:30 ~ 14:20マンツーマンクラス自由時間

(自主学習、マリンスポーツ、市内観光、ショッピングなど)

14:30 ~ 15:20マンツーマンクラス
15:30 ~ 16:20グループクラス
16:30 ~ 17:20自由時間
17:30 ~ 20:30夕食(有料)夕食(有料)

 

一か月の生活に掛かる費用

セブ島留学を行った際の1ヶ月の出費を計算してみました。

留学中に掛かる生活費

家賃学費に含まれる
食費約15,000円
携帯代約1,600円
交通費約4,000円
現地でのお小遣い20,000円~30,000円
週末のアクティビティ約20,000円
合計約70,600円

 

その他、留学中に掛かる出費 (学校への現地での支払い)

特別就学許可証13,600円 (6,540PHP)
IDカード400円   (200 PHP)
写真代200円   (100 PHP)
出国税1,770円   (850PHP)
電気代4,160円   (2,000PHP)
教材費4,160円   (2,000PHP)
合計24,290円

 

渡航前に掛かる留学準備費用

航空券代50,000円~60,000円
海外旅行保険約10,000円
合計約70,000円

 

まとめ

他の英語圏と比べてもやはり費用を抑えて留学できるセブ島留学は予算があまり無い学生、短期でもしっかりと学習したい学生にオススメの地域です。

 

海外インターンシップに挑戦

セブ島留学で英語力を付けて海外インターンシップに挑戦しよう!

  1. 海外インターンシップ情報」で現地情報をチェック
  2. インターンシップに掛かる費用」をチェック
  3. お問い合わせ」からカウンセリング予約