インターンについてのよくある質問(シンガポール編)

INTERN KAIGAIを通してシンガポールのインターンに挑戦された学生様から受けた質問をまとめました。また、下記以外のご質問があればお気軽にご連絡下さい。

応募について

どのように応募をすればいいですか?

INTERN KAIGAIへのお問い合わせは全て「お問い合わせ」からお願い致します。問い合わせフォーム内の「お問い合わせの内容」にある「プログラムに応募する」にチェックをつけておいて下さい。

応募するための条件等はありますか?

応募は誰でも可能ですが、カウンセリングの際に就労ビザの申請ができるかの確認を取らせて頂きます。企業の紹介は就労ビザが取得可能な方のみとなります。

応募からインターンシップ開始までに掛かる期間はどれくらいですか?

2ヶ月~3ヶ月前後が一般的です。最短だと約1ヶ月でも準備は可能ですが、自分に合ったインターン先を探すためにも余裕を持って準備を進める事をおすすめしております。

シンガポールの受け入れ先企業について

どんな受け入れ先企業がありますか?

受け入れ先の業界について

メーカー、メディア業界、コンサルティング業界、医療業界、人材業界、教育業界、金融業界、製造業界、会計事務所など、様々な業界の企業様をご紹介させて頂きます。

受け入れ先の職種について

営業・マーケティング、営業サポート、SNS担当者、プロジェクト管理、事務、カスタマーサービス、ウェブ制作者など、職種も様々な募集があります。

ローカル企業からの募集はありますか?

INTERN KAIGAIが保有する求人の多くは日本人が0といった現地企業からの募集です。特に実戦で英語を使ってみたい方は是非ご連絡下さい。

英語があまり得意ではありませんが、そんな私でも企業を紹介してもらえますか?

INTERN KAIGAIでは、日系チームを保有するローカル企業や日系企業からの募集も取り扱っております。「英語を学びたいけど実践経験がまだない」といった方へもインターンシップ先のご紹介が可能です。まずは「シンガポールの受け入れ企業」ご覧ください。

有給インターンシップを紹介して頂く事は可能ですか?

INTERN KAIGAIが持つ求人の殆どが、長期・短期関係なく有給です。(期間によって給与額は変化致します)また、できる限り有給となるよう交渉もさせて頂きます。

シンガポールとお金について

シンガポールって物価が高いと聞きましたけど本当ですか?

シンガポールの物価はあまり安くはありません。特に「家賃」は日本に比べて高いです。「交通費」は日本よりも安く「食費」は酒類を除けば日本とあまり変わりません(日本食のような輸入品は少し高いです)。

月の出費ってどれくらいですか?

約1500ドル~2000ドルが平均的な出費額(1ヶ月)です。主な出費は「家賃」「食費」「交通費」「携帯代」等となります。項目別には「シンガポールの生活費」をご覧下さい。

節約のコツはありますか?

現地の方と同じように生活を送るのが一番のコツです。地元のスーパーで買い物したり、地元民の集まるフードコード等で食事をするだけで大きな節約となります。また、必需品はDAISOや他のワンコインショップ等で揃えるといいでしょう。

渡航前の準備について

何を準備したらいいかがわかりません。

「就労可能ビザ」「航空券」「滞在先の手配」「海外用保険への加入」の準備が必須となります。

シンガポールでの生活について

日本の電化製品は使用可能ですか?

シンガポールはコンセントの形も電圧も日本とは違いますので、海外対応の電化製品以外は使用できません(使えてもすぐに壊れてしまいます)。シンガポールのコンセント事情の詳細は「シンガポールのコンセントと電圧について」をご覧下さい。

日本でいう定期券のような物はありますか?

はい。シンガポールでは「EZ Link Card」と呼ばれるプリペイド式の定期券があります。日本のPASMOやsuicaみたいなもので、駅構内の券売機でチャージが可能です。シンガポールの鉄道事情(SMRT)の詳細は「シンガポールの地下鉄「MRT」とは?乗り方や料金もご紹介」をご覧下さい。

オフィスでの服装はどのようなものですか?

シンガポールのオフィスファッションは、「スマートカジュアル」と呼ばれるものが一般的です。スマートカジュアルについての詳細は「シンガポールのオフィスファッションはこれでOK!」をご覧下さい。

シンガポールは暑いですか?

シンガポールには季節がなく、年間を通して25~32度前後の常夏の国です。日差しは日本の5~6倍あると言われ、太陽が照りつけるとジリジリとしたような暑さを感じます。湿度も高いですが、日本の夏のように35度を超えるようなことは滅多にありません。

一方で室内やバスなどでは寒いほどにクーラーがガンガンに効いていますので、年中夏とはいえ薄手のカーディガンやジャケットを用意しておくと良いでしょう。

スコールが降ると聞きましたが必要な準備はありますか?

シンガポールは乾季と雨季に分かれていて、特に雨季の時期はスコールが降りますので携帯傘の準備が必要です。雨季といっても日本の梅雨のように1日中雨が降るといったことは殆どありません。また、シンガポールでは地下道の開発が進んでいたり、歩道にシェルターがある等のスコール対策もされています。シンガポールの天気に関する詳細は「シンガポールのお天気事情と服装」をご覧下さい。

シンガポールでインターンシップに挑戦

シンガポールでインターンシップに挑戦しよう!

  1. シンガポールのインターンシップ情報」で現地情報をチェック
  2. インターンシップに掛かる費用」をチェック
  3. お問い合わせ」からカウンセリング予約

東南アジアのファイナンシャルハブ

シンガポールに挑戦!!

50年という短い年月で先進国まで上り詰めたシンガポールの社会を肌で感じよう。