海外インターンシップ(短期)

短期海外インターン情報

1ヶ月~3ヶ月といった短期間で海外の仕事現場の雰囲気を学べるのが「短期海外インターンシップ」で、大学で休学をする事が難しい方や、既に就職をしていて長期間の休暇を取る事ができない方向けのプログラムです。

短期ではありますが、実践英会話を学ぶ事も可能で、将来的に外資系企業や海外での就職を希望される方が、学校の休みや転職期間を有効活用して参加されています。

就職活動前に学校の夏休みや冬休みを利用して海外経験がしたい、卒業後社会人生活が始まる前に海外生活を経験してみた学生の皆様や、転職の際に次の仕事が始まるまでの時間を活かしたい社会人の皆様に人気があります。

海外インターンに短期で参加する2つのメリット

長期・短期の海外インターンシップの違いを分かりやすく比較している記事も別途用意していますが、ここでは短期で海外インターンに参加する大きな2つのメリットをご紹介します。

1.短期インターンの参加目的

短期で海外インターンに参加される方は「学校の休みを有効利用したい!」「転職期間を有効利用したい!」「自信の英語を実践で試したい!」「学生のうちにしかできない事をしたい!」「海外経験をしてみたい!」「就活でアピールできる経験が欲しい!」等が主な参加目的です。

2.短期インターンへの参加のタイミング

学生様は夏休みや春休みを利用して、社会人の方は、転職をするタイミングで参加されるのが一般的です。時間を活用して新しい価値観や就職活動への強みとなる経験を得られるのが「短期インターンシップ」の醍醐味です。

INTERN KAIGAI の短期インターンシップ概要

INTERN KAIGAIの短期海外インターンシッププログラムは、1ヶ月~3ヶ月のプログラムです。また、受け入れ先紹介時に企業側が正社員採用を検討できるか等の確認もさせて頂きます。

短期海外インターンの期間1~3ヶ月間(3ヶ月以上は「長期海外インターン」を参照)
サポート対象国
受け入れ企業現地企業 / グローバル企業 / 日系企業
給料有給(期間が短すぎると無給)
応募資格各国の就労ビザが申請可能な方
※観光ビザでインターンシップはできません。
準備に掛かる時間 約2ヶ月
費用 「費用・渡航までの流れ」ページをご覧下さい
短期インターンのメリット
  • 休学する必要が無く、夏休みや冬休みに参加できる。
  • 短期間なので気軽に参加できる。
  • 転職期間の空いた時間に参加できる。
  • 学校の休みを使い海外生活を経験できる。
  • 実践英語を経験できる。
  • 長期海外インターンシップに比べ費用が安い。
  • 一社に限らず、帰国後も二、三社と興味のある分野の仕事を経験の方法もある。
短期インターンのデメリット
  • 社会や業務の深い部分までは学べない。
  • 大学の休みに合わせるので自分でタイミングを決めれない(ビザの申請期間が忘れがちになります。)。
  • 求人案件が少ない。
  • 無給のケースが多い。
  • 履歴書に書く経験として長期海外インターンシップより劣る。
こんな方にオススメ
  • 大学の休みを利用して何か新しい経験をしてみたい方
  • 大学の休みを利用して英語の実践経験を積んでみたい方
  • 休学せずに海外生活を経験してみたい方
  • 退職後から次の仕事が始まる期間に経験を積みたい方

大学の夏休み・冬休みや転職期間中を利用して参加できるのが短期海外インターンシップの利点です。長期海外インターンシップに比べコストも低く、複数国や職種に挑戦したりなど小回りが利くのも大きなポイントです。

小回りの利く短期海外インターンシップですが、それぞれの国や職種に関して深い経験値を得る事ができないのが最大のデメリットです。短期間で業務の深い部分まで学ぶことは非常に難しく、知識・経験が必要となる仕事を任せて貰えない場合もあります。また、履歴書上に書く経験としては長期海外インターンシップに劣ってしまいます。

短期インターンシップの体験談・感想

シンガポールで2ヶ月半のプログラムに参加した岸田さんです。将来は海外で企業家になる目標に向かって短期インターンシッププログラムに参加しました。

短期インターン中に海外ホストファミリーと
岸田さんのコメント
シンガポールで短期インターンに挑戦しました。外の世界から日本を客観的に見ることで、日本の良い部分を学ぶことができ、より日本に誇りを持てるようになりました。一方、日本が遅れていると感じる部分も明確になり、海外から学べることが沢山あると感じました。
短期間のインターンシップだったので、社内で自分のテーマと目標を定めてそれにフォーカスをするといった形で業務をしていました。頭の中で思い描くように物事が進まない事も多々ありましたが、それも含めて大きな経験となりました。
マレーシアで短期プログラムに参加したニーナさん。ウェブ制作など、大学で学んだITの知識を活かした短期インターンシップとなりました。
海外インターンだから短期でも貴重な体験ができる
ニーナさんのコメント
マレーシアで短期インターンに参加させて頂きました。今回のインターンシップを通して私が言いたいことは3つです。「興味があるならとにかく挑戦してみる」「仕事をする時は率先的に動く」「1つ1つの瞬間が自分の大きな経験になると思って過ごす」です。
マレーシアは、私の国(フランス)とは街の風景も文化背景も全く違いました。でも、だからこそ学んだことも多く、自分の今後に活かせる経験ができたと思っています。もし海外インターンに興味があるなら、後で後悔しないように一回挑戦してみてください。