海外インターンシップ体験談【カメルさん】

簡単な自己紹介をお願い致します。

フランス出身のカメルと言います。今回シンガポールで6ヶ月間のインターンシップに挑戦しました。

 

日々の業務について教えて頂けますでしょうか?

私の主な業務は営業(ビジネス・デベロップメント)のサポートでした。

メール、電話、SNSを使って実際に顧客となる企業に連絡を取り、自社サービスの紹介等を行いました。また、ビジネスネットワーキングにも時々参加させて頂き、そこで出会った方を通してのサービスの紹介も行っていました。

 

なぜシンガポール選ばれたのですか?

シンガポールが東南アジアで最も経済の発展している国だからです。また、その国土の小ささにも関わらずGDB(一人当たりの)が高い事や、非雇用者率の低さも私がシンガポールの仕事環境を学んでみたいと思い始めた理由です。

更に、シンガポールでは自然災害や犯罪件数も低く安心して生活できるというのも大きな魅力でした。

 

インターンシップ後のプランをお聞かせ下さい。

まずは、2週間程カンボジアとベトナム旅行に行きます。そこから大学院へ進学するまでの2ヶ月でドイツ語を中級程度まで勉強したいと思っています。

 

シンガポールでのインターンシップを検討される皆様へ一言。

個人的には気候がとても好きでした。また、電車や街中の各施設もとても利用しやすくて苦になる事は殆どありませんでした。また、話に聞いていたように安全な街でしたので、安心して生活を送れました。

また、多くの知り合いを作ることもできました。特にシンガポールは外国人の多い国なので、シンガポール人以外にも様々バックグラウンドを持つ方と会えたのは、シンガポールにして良かったと感じる部分の1つです。

 

最後に

シンガポールは社会、治安、観光など全ての面でお勧めできる国でした。

もし東南アジアでのインターンシップを考えているのであれば、シンガポールをお勧めします!

シンガポールでのインターンシップ情報(トップ)

シンガポール情報

東南アジアのビジネスハブと呼ばれるシンガポールでのインターンシップです。

マレーシアのインターンシップ情報

マレーシア情報

東南アジアで最も長期滞在に人気があるマレーシアでのインターンシップ。

フィリピンのインターンシップ情報

フィリピン情報

東南アジアの英語学習国として人気を誇るフィリピンでのインターンシップです。