インターンシップ体験談4

Q1.簡単な自己紹介をお願い致します。

シンガポールの専門学校3年生です。学校では経営学を学んでいます。

Q2.インターンシップに参加しようと思った切っ掛けはなんですか?

現在は経営学を学んでいます。企業の運営、人事、マーケティングに興味があり、実践を通してこれらを学ぶためにインターンシップを選びました。

Q3.インターンシップ先の企業・仕事内容はどのようなものでしたか?

私の主な仕事はリクルートメントとマーケティングのサポートでした。仕事で各業界の専門用語を目にする機会が多く最初は苦戦しましたが、慣れてくると企業の内部構造などが理解できるようになり、次第に面白さを感じることができるようになりました。

Q4.仕事以外の時間はどういった事をしていましたか?

部署は違いましたが私以外にもインターンシップをしている子がいて、その子とよくご飯を食べに行ったりカフェにいったりして、今後のことついて話をしました。

Q5.これからインターンシップを考えている皆様へアドバイスがあればお願い致します。

社会は私が考えている以上に難しい物だと感じました。インターンシップを始める前は色々イメージをしていましたが、私が全く想像していなかった事を学んだ瞬間もありました。実体験というのは学校で学ぶ事ともインターネットで学べる事とも全く違いました。参加するのに少し勇気がいるかもしれませんが、皆さんにも是非経験して欲しいです。

 

[box class=”pink_box” title=”INTERN KAIGAIからの御礼”]3ヶ月間のインターンシップお疲れ様でした。本を読んで学べることも無限にありますが、中には実践を通してだからこそ得られる能力や知識もあります。インターンシップに参加した大きな目的である「実戦経験」をしっかりと経験して頂けて嬉しいです。これからも勉強と実戦の両立で頑張って下さいね!

イーピンさんが挑戦したプログラム「シンガポールのインターンシップ」をチェック![/box]