海外就職の方法をプロが語る

グローバル化に伴い、人とモノの移動が自由自在になっている世の中。仕事も国境を越えて選びやすくなってきています。日本でも、海外就職という選択肢を視野に入れている人も多いのではないしょうか?

しかし、海外就職はまだまだ日本の社会では稀な行為です。そのため、外国で働きたいと思っているけど、前例が周りにいないため、どうやったら海外就職できるのか方法が分からないというも多いと思います。

そこで、このページでは、海外就職の方法をキャリアのプロが伝授していきます!少しずつ海外就職に向けての準備を行っていきましょう!

現地採用か駐在員採用かを選ぶ

まずは、「海外で働く」と言っても、様々な雇用形態があるということをお伝えしていきます。

海外で働くには、大まかに「現地採用」と「駐在員採用」の2つの方法があります。どちらの形態が皆さんにとって理想的な働き方や条件なのか、確認していきましょう。

現地採用とは

「現地採用」とは、その名の通り、その国の現地にある企業から採用され、ローカルの社員と同じように働くことです。現地採用では、給料、年金、保険等、ローカルの社員が受けている雇用条件と同等の条件の下、働くことになります。

国や会社により、雇用条件は異なるので、一概に日本で働くより条件が良くないとは言えません。日本語を使うポジションで、好条件の仕事が見つかる場合もあれば、日本で働くよりも安い給料で働く場合もあります。

現地採用の魅力は、自分で自分の好きなタイミングと国を選ぶことができる点です。

駐在員採用とは

一方、「駐在員採用」とは、日本国内にある企業から採用され、日本支社の代表として外国に派遣される形態。駐在員採用の場合、日本国内の企業に就職していることになるため、給料、年金、保険等は日本の条件のままになります。

また、駐在員になった場合、住宅手当などを含む、生活費の補助も出る企業がほとんどで、安定した収入と生活を手に入れることができます。

しかし、その会社で駐在員に選ばれるかどうかはまた別問題。大抵ある程度キャリアを積んでから派遣される場合がほとんどです。そのため、海外で必ず働けるという保証はありません。

また、自分で好きな国を選ぶことができないのも駐在員採用の特徴。その会社がどの国に支社を持っているのか、どの国のポジションが空いているかによって、派遣先が限定されてしまいます。

このように、海外での働き方には大きく分けて2つの方法があることがわかります。どちらにもメリット・デメリットはありますが、自分がどのような生活を今後送っていきたいのかを考えて検討していきましょう。

経験を積む

海外就職と言っても、「現地採用」と「駐在員採用」の2つの方法があるということをお伝えしました。ここでは特に、海外就職=現地採用と定義し、海外就職の方法をご紹介していきます。

海外就職を実現させるにはどうしたらいいのでしょうか?海外就職を目指している方には学生の方であったり、社会人の方であったり、様々かと思います。

しかし、どちらにも言えることが、「社会経験を積む」ことの大切さです。日本とは違い、海外では、入社後にどれだけ即戦力として働けるかが重視されます。

そのため、今までどんな社会経験があるかが鍵となります。それはたとえ学生であろうが社会人であろうが、海外就職では必須なポイントなのです。もちろん新卒と言うことで多めに見てもらえる場合もありますが、目に留まる履歴書を書くためにも経験は必要です。

新卒・未経験の方

そんなこと言われても、まだ学生だし経験なんてアルバイトくらいしか…という方も多いはず。そんな方に是非おすすめしたいのが、インターンシップです。

インターンシップは、社会に出る前に有給または無給で就業体験ができるので、履歴書にも経験として書くことができます。そのため、新卒で海外就職を目指す方にもチャンスとなります。

ボランティアに参加という手もありますが、国によってはボランティアを経験として扱ってもらえない場合もあります。そのため、インターンの方がより実用的かつ実践経験も積めるので、海外就職を目指す学生の方、新卒の方には必須です!

実際に新卒で海外インターンに挑戦に、海外就職を目指しているインターン生のインタビュー記事はこちら⇒「新卒で海外就職を目指すためにインターンに挑戦」

社会人の方

既に経験が十分にある社会人の方は、あまり履歴書の面では心配はないかもしれません。しかし、日本だけではなく、国外での経験があるとやはりアドバンテージがあります。

そんな時にも役立つのが海外インターンシップです。せっかく社会人になったのにまたインターンに戻るのって気が引ける…と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、本格的に海外就職する前に海外インターンシップをすることは、直接採用につながる場合もあり、大きなメリットになります。

また、学生の方、新卒の方、社会人の方、すべてに言えることですが、自分が働きたいと思っている国に実際に訪れて働くことは就職活動においてとても重要です。どんな仕事があるのか、働き方はどのようになっているのか、現地の人の言語はわかるか等、実際に行ってみないとわからないことはたくさんあります。

海外就職の前にぜひ海外インターンシップにも挑戦してみましょう!こちらのページから求人をご覧いただけます。⇒海外インターンシップ求人一覧

国または目的から海外就職先を決める

海外で仕事を探すのに決まったルールはありません。仕事探しの方法は、その人が何を求めているかで人それぞれ異なるはず。しかし、仕事を探す方法は大きく分けて、「国」から選ぶ方法と、「目的」から選ぶ方法があります。

国から選ぶ

まずは国から仕事を選ぶ方法からご説明していきます。以下の条件にあてはまる方は、まずは国を選ぶことから始めることをおすすめします。1つの国に絞れなかったとしても、まずは少しずつ国を絞っていきましょう。

  • 特定の国・地域で生活したいというビジョンがある方
  • 業種や職種に特にこだわりがない方
  • 言語にこだわりがある方

国から選ぶ方法は、まだ明確なキャリアビジョンがあまりないという方にとって都合がいい方法です。特に決まった仕事がしたいといったことでなければ、まずは自分がどういった生活を送りたいのかイメージしてみるといいと思います。

どんな気候で、どんな生活水準で、どんな言語を使って、どんな人たちに囲まれて生活がしたいなど、小さなことからでもいいので、考えてみましょう。

目的から選ぶ

続いて、目的から選ぶ方法について。以下の項目にあてはまる方は、ぜひ海外就職の目的から仕事を選びましょう。

  • 既に社会経験があり、その道を極めたいと思っている方
  • 興味のある業種や職種が明確な方
  • 国や地域に特にこだわりがない方

目的から選ぶ人は、よりキャリアビジョンが明確な方です。日本で積んだキャリアを海外でも活かしたい、特定の業種・職種で仕事を探している人などにおすすめです。

キャリアビジョンが明確な方は、国も自然と絞られてくるはず。その理由は、国によって主要産業は限られてくるからです。例えば、フィリピンだったら観光や教育業、シンガポールでは金融が盛んといったように、その国特有の産業があります。

盛んな産業の求人はたくさんありますし、逆にその国で主要ではない産業の求人は少なくなってしまうというのが現実です。そのため、目的が明確な方は国の主要な産業をリサーチすることもとても大切です。

このように、仕事の選び方には「国」から選ぶ方法と「目的」から選ぶ方法の2つがあります。もちろん、この2つの方法にあてはまらないという方もいるとは思いますが、少しずつ自分の理想の環境を具体化していきましょう。

仕事に応募する

大体の自分のビジョンが明確になってきたら、とにかく動いてみましょう。もちろん情報収集も大事なのですが、情報だけを集めて、「自分には海外就職は難しい」と感じてほしくないのです。

続いては、海外就職を目指す際の3つの方法をご紹介します。

知り合いから紹介してもらう

まずは、知り合いから紹介してもらう方法です。実は意外と侮れないのが人と人とのつながり。

知り合いに海外で就職した人なんていないという人も、大学のキャリア支援センターに問い合わせてOBOG を探してみたり、イベントに参加して知り合いで海外就職した方がいないか聞いてみたり、友人のつながりから探してみたり、できるのことはたくさんあります。

勇気を出して、自分が海外就職を目指しているということを周囲に伝えていくことで、思わぬところから仕事を紹介してもらえる場合があります。

特に欧米諸国では、ソーシャルネットワークをとても大事にしています。イベントで出会った人から求人を紹介してもらった、友人に来たオファーだったけれども友人が興味がなかったので代わりに紹介してもらったなど、人と人とのつながりで仕事が見つかるケースは一般的です。

自分で直接応募する

海外就職で一般的な方法が、自分で直接企業に応募する方法。ローカルの人たちはこの方法を取っている場合が多いです。

企業のホームページに行くと、求人情報を掲載している企業も多いので、このポジションに応募したいという旨のカバーレターと履歴書を送ってみましょう。企業によっては履歴書だけでも大丈夫な場合も。

企業に直接履歴書を送るメリットとしては、エージェントを挟まないので、余計な時間がかかることがないということ。自分が働きたい会社がある場合には直接応募する方法が早い場合もあります。

エージェントを使う

3つ目の応募方法がエージェントを使う方法です。

海外就職でわからないことが多い人がほとんどだと思いますので、プロに頼ることはとても重要です。たとえエージェントから紹介された企業に就職しなかったとしても、エージェントからの情報はとても役に立つものばかりです。

また、大企業などに応募する場合、直接履歴書を送っても数ある中から選ばれるには時間がかかる場合があります。そんな時、エージェントを介しての方がプロセスがスムーズにいく場合も。

このように、海外就職を目指す上で、応募の方法は主に、知り合いから紹介してもらう方法、自分で直接応募する方法、エージェントを使う方法の3つの方法があります。この3つの方法を組みあわせて、ベストな仕事を見つけていきましょう!

INTERN KAIGAIでは、海外就職を見据えた海外インターンシップエージェントサービスを提供しています!詳しいサービス内容についてはこちらの「INTERN KAIGAIのサービス」からご覧いただけます。海外就職についても、海外インターンシップについてもご質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください!⇒お問い合わせはこちら