「フィリピン治安。現状どうなのか?」

ビザの概要

フィリピンに行く際に、多くの人が気になるのが治安の良さでもあります。インターネット上には、フィリピンの治安について多くのことが述べられています。

そこで、渡航する前の不安を払拭すべく「フィリピンの治安」について今回弊社のフィリピン人社員の話も交え、何に気を付ければ良いのかなどをお伝えしていきます。

 

フィリピンの治安

出典:「外務省 安全ホームページ」

我々の答えは、世界のどこに行っても100パーセントの安全は、存在しないということです。我々日本人は、世界的にも安全な国に住んでおり、裕福な国と思われていると認識しなければなりません。海外に行く際は、必ずこの意識を持ち安全に楽しく過ごせるようにしましょう。さて、フィリピンについて見てみるとフィリピンは治安が良いとは言い難いでしょう。外務省安全ホームページ(上記の地図)によると、危険レベルは1であり「十分注意してください」となっています。しかし、現地には多くの日本人が暮らしているのも事実です。そこで、今回フィリピンではどのように過ごせば良いのか紹介していきます。

 

フィリピン人から見た治安

近年、フィリピンの治安は改善しつつあります。ドゥテルテ大統領が就任して以来、麻薬の取り締まり強化により治安は、著しく良くなったといいます。また、街の開発や警備の強化によって治安が維持されています。フィリピンのイメージも「綺麗なビーチ」「留学」など改善されています。しかし、依然とスリ・強盗などは起きておりフィリピン人であっても注意が必要だそうです。

 

海外に行くときに注意すべき点

フィリピンだけではありません。海外に行く際に注意したい点をまとめました。

  • 観光客と思われないようにする
  • 貴重品は常に目の届くところに置く
  • 危ない地域に行かない
  • 夜中は出歩かない

観光客が凶悪犯罪に巻き込まれるケースは少ないです。しかし、治安が悪い地域に行かない、夜に出歩かないなど自分でできるリスク管理をするようにしましょう。一方で、観光客は盗難などの軽犯罪に巻き込まれるケースが多いです。観光客は、その土地で目立ちやすくターゲットにされやすいからです。また、日本人は特に防犯意識が低く被害に合われるケースが多発しています。貴重品は常に身に着ける、常に防犯意識を持つなど細心の注意をしましょう。

 

フィリピンで注意するべき点

フィリピンでは、日本人に対して良い印象を持っている人がほとんどです。同時に日本人は、お金を持っているとも思われています。そのため、軽犯罪のターゲットにされやすいです。

①日本人は目立つ

フィリピンにいると日本人は、顔立ち・ファッションによって街中で目立ちます。洋服やアクセサリーなど必要以上に高いものを身に着けるのは控えましょう。

②貴重品の管理

日本は、世界の中でも指折りに入る治安の良い国です。そのため、防犯意識が薄いのは事実です。海外では、取られる方も悪いという認識です。貴重品を目の届く範囲に置くため、鞄は前にかける(フィリピンでは常識)など普段よりも気を付けましょう。

③気を付けて歩く

スマホをいじりながら歩く、音楽を聴きながらあるくなどの「ながら歩き」はしないようにしましょう。スマホ、イヤホンは売られれば高価なものとして扱われ、盗難のターゲットにようにしましょう。

④現地の乗り物には乗らないようにする

フィリピンでは、「ジプニー」「トライシクル」などローカルの交通手段があります。値段も他の交通手段に比べると安く現地の人にも親しまれています。しかし、ローカルのルールが存在し値段交渉をしなければいけない場合がありトラブルの元になりえます。また、スリなども多発しています。フィリピンでの生活に慣れるまでは、このような乗り物に乗るのを控えましょう。

「ジプニー」「トライシクル」

ジプニーとは、少人数が乗りあう小型のバスです。フィリピンのそこら中に走っており、乗車、下車する際には自ら声をかけなければなりません。トライシクルとは、バイクの横にサイドカーを取り付けた乗り物です。両者ともフィリピンで馴染まれています。興味があれば、ググっててみてください。

配車サービスを上手く使う

近年定着しつつある配車サービス「UBER」「GRAB」。東南アジアではGRABが使われています。目的地を入力するだけで目的地に連れて行ってくれるので安心です。また、現地のタクシーよりも安全です。現地で賢くタクシーを使いましょう。

⑤日本語で話しかけてくる人に注意

フィリピンにいると日本語で話しかけてくる人がいます。日本語で話しかけられると心を開いてしまいますが気をつけましょう。大概の場合、下心があり、多くのトラブルが起きています。

 

フィリピンで治安に気を付けたい地域

フィリピンの中で治安が悪いのは、マニラです。現在、ミンダナオ島でイスラム過激派と政府が紛争となっていますが皆さんが行く場所では、マニラなのです。一般的に人が集まる場所は、治安が悪くなり、田舎に行けば行くほど治安は良いです。マニラの中でも安全な地域と危険な地域があるため紹介していきます。しかし、すべてを網羅できるわけではないのでフィリピンに行ったら、地元の人に話を聞くようにしましょう。

①Maktiマカティ

マカティは、フィリピンのビジネスの中心街です。オフィス街やショッピングモールが建ち並らんでいます。夜も出歩けるほど治安は良いです。しかし、人込みなどではスリなどには気を付けましょう。

②Pasay パサイ

パサイは、ニノイ・アキノ空港から近くに位置しフィリピンの玄関口と呼ばれている。商業施設も多く、治安も比較的良いとされています。

③Malate マラテ、Erimita  エルミタ、Quiapo キアポ

この三つの地域は、繁華街でフィリピン人も夜は近寄らない地域です。近年、治安は改善しつつありますがなるべく近寄らないようにしましょう。

 

まとめ

フィリピンの治安について紹介しました。この記事を読んで少しでも防犯意識をもってフィリピンで楽しく過ごしていただければと思います。フィリピンの治安は年々改善されています。皆さんの少しの意識でトラブルを回避しましょう。