Makati photo

フィリピン(マカティ)の一般的な住居スタイルは?

フィリピンにはコンドミニアムと呼ばれるマンション、現地のフィリピン人が最も多く住むアパートメント、平屋の一軒家の3種類の住居スタイルがあります。セキュリティーの面等から基本的にコンドミニアムを借りるのが一般的です。コンドミニアム内にはジム、プール、24時間セキュリティーがついていますが、日本と比べても家賃を抑えて滞在することができます。

 

マカティの治安は?

治安があまりよくないイメージのフィリピンですが、夜間はむやみに出歩かない、雰囲気の悪そうな地域には近づかないなどきちんと自分で考えて行動すればトラブルは回避できることがほとんどです。また、ビジネス街であるマカティシティーは、街の整備が整っているだけではなく、外国人も多く安心して暮らせる地域として知られています。

特にBGC(ボニファシオ・グローバルシティ)と呼ばれる地域は近年急速に整備され、高層のコンドミニアムやビルが立ち並んでいます。おしゃれなカフェやレストランも多く、新興国とは思えない雰囲気です。マカティには企業のオフィスが集中する場所でもあるので、このエリアに住めば通勤もかなり楽になります。

 

家探しの方法

日本ではインターネットサイトから条件を入れると簡単に賃貸物件を探すことができますが、フィリピンではどのように探すのでしょうか??

エージェントを使って探す

日本と同じように不動産会社にお願いして物件を探してもらいます。日系の不動産会社もあるので、日本語で相談できます。オーナーさんとの交渉も間に入ってもらえるので、英語力に心配のある学生には安心ですが、手数料がかかります。

現地の賃貸サイトを使って探す

オーナーさんが直接インターネットサイトに物件の情報を掲載し、そこから自分で検索、問い合わせをする方法です。ローカルの人含めよく使われているサイトをいくつかご紹介します。

英語での問い合わせ、オーナーさんとの直接のやり取りになるため、英語力がある程度ある学生にオススメです。退去時の精算、物件に何か問題があったときはどのように対処するかなど、借りる前にきちんと確認し、トラブルを避けるようにしてください。

そのほかにもFacebook で検索する情報もありますが、上記のローカルサイトと同様にオーナーさんと直接連絡を取り合う場合がほとんどです。

 

賃貸の種類とそれぞれの費用はどのくらい?

毎月々かかる賃料は気になるところ。物価の低いフィリピンではどの程度の費用が掛かるのでしょうか?

ユニット

日本では主流の1部屋まるごと借りる場合は“Whole UnitやUnit”と呼ばれます。ユニットの中でも1部屋+キッチン、バスルームという部屋の場合は“StudioやStudio Unit”と呼ばれます。

24hセキュリティー、ジムやプールのあるコンドミニアムでも₱10,000~₱20,000(2万円~4万円ほど)と日本と比べると破格の値段で1人暮らしができます。

シェア

シェアの場合は1部屋に2段ベッドがいくつかおいてあって数人で一部屋、バスルーム、キッチンなどを共有する場合が一般的です。様々な人が集まって友達も作りやすい環境ですが、プライベートを確保するのが難しかったり、家の中でも貴重品には気を付けなければいけません。家賃はコンドミニアムのシェアで₱3,000~₱5,000(6千円~1万円)程度で借りることができるので、家賃を抑えたい、にぎやかな環境が好きという学生にはオススメです。

日本では家を借りる初めに、敷金や礼金が必要ですが、フィリピンでは預け金のデポジットとして1~2か月分、家賃を先払いで1~2か月分払う必要があります。物件によってデポジットを何か月分かなどそれぞれ変わってきますが、少しまとまったお金が必要です。

 家探しの際の注意点

  • お風呂できちんとお湯が出るのか、温度の調整ができるかを確認しましょう。
  • ドアや窓のカギはきちんとかかるかを確認しましょう。
  • 賃貸で出している物件の多くはスタジオタイプでも家具がそろっています。家具がついていない場合、もう少し家賃の相場も下がってきますが、1年未満の滞在の場合は家具をそろえるのも大変だと思うので、その点も考慮しながらお部屋探しをしましょう。また、家具で壊れているものが無いかも確認しましょう。

 

家賃の支払い方法

日本のように銀行から引き落としではなく、小切手で支払うことが一般的です。毎月支払ったことの証明に領収書を書いてもらうのを忘れないようにしましょう。(シェアハウスの場合は現金で支払えるケースも多くあります。)

 

退去時の方法

万が一、途中で引っ越さなければなくなった場合の清算方法も確認しておいたほうが良いです。先に払っておいた家賃、デポジットは戻ってくるのか、引っ越す場合はどの程度先の機関に伝えなければいけないのか、その際のトラブルを避ける用に先に確認するのが先決です。

 

まとめ

海外で部屋探しをすることはそんなに経験できることではないので、きちんと気を付けながら快適な住居を探せるよう頑張ってください!インターネットのサイトだけではなかなかわかりづらいことも多いと思うので、それだけでは決めずにきちんと現地についてから近くの通りは安全か、お店や飲食店は周りにあるかなども確認しながら決めるようにしてくださいね。

 

[box class=”pink_box” title=”フィリピンでインターンシップに挑戦”]

シンガポールでインターンシップに挑戦しよう!

  1. フィリピンのインターンシップ情報」で現地情報をチェック
  2. インターンシップに掛かる費用」をチェック
  3. お問い合わせ」からカウンセリング予約
[/box]