シンガポールの方が話す英語について
シンガポールの方が話す英語のレベルについて聞かせて下さい。
東南アジアでのインターンシップを検討しています。シンガポールは英語圏であると聞いたのですが、実際にはどの程度のレベルの英語を話されるのでしょうか?
シンガポールの方は英語ネイティブです。各々のバックグラウンドによってアクセントは異なりますが、大部分の方が英語を第一言語として生活されています。
シンガポールの国語(国家語)を調べるとマレーシア語と出ますが、実際は学業も仕事も全て英語で行いますので、シンガポールで産まれた方は英語が第一言語となります。英語ネイティブですので当たり前ではありますが、アジア内の英語力ランキングではシンガポールは継続的に1位を取っています。
シンガポールで英語学習をする際に気になるのが「シングリッシュ」かと思います。シンガポールでは独特の表現やアクセントがあり、これが英語学習者の懸念の対象になっている場合もあります。ただシングリッシュにも度合いがあり、アクセントを除くコテコテのシングリッシュは多くの場合シンガポール人間で発生します。(外国人は理解しないので)
仕事場ではフォーマルに話す必要(特に多国籍な環境であれば)があり、カジュアルなシングリッシュが使用される度合いも下がります。シンガポールの方はその場の状況に合わせて話し方のコントロールをしています。
シンガポールのインターンシップをもっと知りたい

シンガポールのインターンシップの詳細は「シンガポールのインターン概要と生活情報」をご覧ください。