シンガポールの気候について

シンガポールの気候ついての質問です。

インターンシップでシンガポールに行きます。シンガポールの気候について事前に知っておいた方が良い事はありますでしょうか?また、どんな服装を持っていけばいいでしょうか?

シンガポールは年間を通じて暖かいため、日本の夏の服装で大丈夫です。しかし、機内やバス車内、レストランなどでは冷房が強いため、長そでの羽織るものがあるとよいでしょう
シンガポールは赤道近くに位置しているため、一年中夏の国です。日本の四季はなく、一年を通して、乾季と雨季に分かれています。乾季(3月~10月)は改正が多く、気温も35度前後まで上がります。雨季(11月~2月)はスコールが頻繁に降り、雷雨が多い季節で30度まで上がります。
シンガポールの紫外線は世界の中でもトップレベルなので、日焼け止めや帽子、サングラスなど紫外線対策を忘れずにしましょう
外の気温とは対照的にシンガポールでは屋内の温度設定が低く設定されています。オフィスや映画館のように屋内にしばらく滞在しなければいけない場合は薄手の長袖を用意しておくと良いでしょう。
シンガポールの詳しい天気事情やオフィスの服装についてはこちらの記事をご覧ください。
シンガポールのインターンシップをもっと知りたい

シンガポールのインターンシップの詳細は「シンガポールのインターン概要と生活情報」をご覧ください。