シンガポールでの日本の電化製品や電圧について

シンガポールで暮らす際の電化製品や電圧についての質問です。

インターンシップでシンガポールに行きます。パソコンやドライヤーなど持って行ける物は出来る限り持って行きたいと思っているのですが、日本の電化製品はそのまま使えるのでしょうか?

電圧が違うためグローバル対応の電化製品以外は変圧器が必要となります。コンセントの形はBFタイプになります(日本はAタイプ)
シンガポールの電圧は220V、日本は110Vなため日本で購入した電化製品を使う際は変圧器が必要になります。ただ、最近のノートパソコンやスマートフォンはグローバル対応の物が多く、変圧器無しでも充電ができるようになっています。
海外に対応していない電化製品も海外で使えはしますが、電圧の違いは故障や火事の原因となりますので現地での購入をお勧め致します。
各電化製品が対応している電圧はACアダプターの裏側に表示されています。左の写真のように対応電圧の範囲内に220Vが含まれていれば変圧器無しでもシンガポールで使用する事ができます。
シンガポールのコンセントは、BFタイプでAタイプの日本と異なります。そのため、コンセントの変換プラグが必要です。変換プラグは地元のスーパーでも売ってはいますが、インターン海外のお勧めとしては、数種類の形状に対応した変換プラグを1つ購入しておけば海外旅行の際にも使えて便利です。

シンガポールのインターンシップをもっと知りたい

シンガポールのインターンシップの詳細は「シンガポールのインターン概要と生活情報」をご覧ください。