シンガポール1ヶ月の生活費!先輩インターン生の具体例も

シンガポールでインターンシップをする際に、確認しておきたいのが現地での生活費。シンガポールはインターン生にとって魅力に溢れる国であると同時に、他の東南アジア各国に比べて、少し物価が高いと言われています。

そこで今回は、シンガポールで実際に生活をするインターン生と正社員の出費を参考にシンガポールでの生活費について解説していきます。

シンガポールの生活費を項目別に見てみた

費用について(レシートの写真)

シンガポール滞在時に掛かる「生活費」を①家賃、②食費、③交通費、④携帯代、⑤その他の出費の5項目にわけて解説していきます。各項目の金額は、実際にシンガポールに住む日本人(20代)の1か月間の出費額を基に計算しています。(1シンガポールドル=約82円)

食費について

シンガポールの食費は月に約450~600ドル(約36,000円~50,000円)と、日本と同じもしくは少し高いといった価格帯です。日本料理、韓国料理や欧米料理などのローカル以外の料理は少し価格が高くなります。

外食をした場合の出費

シンガポールにはホーカーセンターやコーヒーショップと呼ばれる地元民が毎日利用するフードコートがあります。これらの場所での食事は一食が3~6ドルと非常に安く購入する事ができます。また、ショッピングモール内にもフードコートがあり、5~9ドル程で食事ができます。

ですが、ショッピングモールや、ショッピング街のレストランで食事をすると一食が最低$10程となります。ホーカーセンターやコーヒーショップで食べれる物はローカルフードが多いので、生活に慣れるまではショッピングモール内のフードコートが料理のバラエティも広くおすすめです。

シンガポールでは、「Eatigo」や「Fave」といったレストランで使える割引きアプリを使う方も多いです。一回の割引き額はそこまで大きいわけではありませんが、使い続ければそれなりの節約になると思います。

自炊をした場合の出費

日本と同様に自炊であれば比較的安い食費で済みます。スーパーで売っている食材の価格は日本のスーパーとあまり変わりませんが、日本産の商品(輸入品)を購入したい場合は少し高めの値段設定です。

安価で手軽に食べれるホーカーセンターやコーヒーショップがあるシンガポールでは、下手に自炊をするよりも外で食べた方が生活費を抑えられるケースも多いです。

シンガポールでの飲酒について

シンガポールでの飲酒は日本に比べて少し高めです。こちらも同様にホーカーセンターやコーヒーショップであれば500mlのビールで8ドル程(650円程)で飲めますが、観光エリアのバー等で飲んでしまうと価格が2倍近くなってしまうこともあります。

シンガポールでは、Happy Hour(ハッピーアワー)と呼ばれるサービスがあります。これはある時間帯にお酒の注文をした場合に安くなるサービスです。時間帯はお店によって変わりますが、中には夜の11時までハッピーアワーな場所もあります。シンガポールの人々は基本的にこのハッピーアワーの時間帯を狙って飲みに行きます。

家賃について

シンガポールでは国土が狭い事もあり住宅の価格は日本より高くなります。日本の賃貸のように1ユニットを借りると最低2,500ドル程(約20万円)掛かってしまい、多くの日本人を含めた外国人はシェアハウスをしています。シェアハウスであればガス、電気、水道、Wi-Fi代込で650~1,300ドル(約5万円~10万円)程で借りることができます。

シンガポールには、HDBとコンドミニアムと呼ばれる2種類の家があります。HDBはシンガポールの公営住宅を指し、シンガポール人のほとんどはこのHDBに住んでいます。コンドミニアムに比べてコストが低いのが特徴です。シェアハウスの場合で月々800ドル前後となるのが平均です。コンドミニアムとは高級マンションのことを指し、プール、ジム、バーベキュー等の設備や高い防犯設備を備えています。家賃はHDBに比べて少し高く、シェアハウスの場合で月々1,000ドル前後となります。

シンガポールでの家探しには、自分でオーナーと連絡を取る方法と不動産エージェントに探してもらう方法があります。エージェントにお願いした場合は半月~1ヶ月分の家賃が費用として発生します。

シンガポールでの家の探し方や、地域別の家賃など知っておくと役立つ情報は「シンガポールの家について」を参考にして下さい。

交通費について

シンガポールの公共交通費は日本に比べて非常に安いです。シンガポールの電車はどれだけ乗っても最高で$2.02程と格安で、バスだと更に安くなります。毎日の通勤と土日に出かけるだけであれば月の出費は150ドル以内でおさまるでしょう。また、シンガポールでは平日の7時45分より早い時間に改札に入れば交通費が0.5ドル割り引かれるシステムがあります。

各公共交通機関の料金に関する詳細は「シンガポールの電車について」と「シンガポールのバスについて」をご覧下さい。

最近では、バイクシェアリングサービスを利用する方が増えてきました。「ofo」や「Mobike」等、会員登録(有料)をすれば街の至る所にある自転車を好きなように利用できるサービスです。

携帯代について

シンガポールで携帯を使う場合は大きく別けて①現地の携帯を購入、②SIMカードの購入、③Wi-Fiの購入の3パターンです。インターン生の多くはSIMカードを入れ替えて現地で携帯を使っています。SIMカードはプリペイド式で、空港と街中のどちらでも購入できます。月の出費は40~50ドル程で、クレジットが無くなればオンラインでチャージができます。

日本の携帯の場合、購入してから数カ月間はSIMロックが掛かっていてSIMカードの入れ替えが出来ない場合があります。海外インターンシップ前に携帯を買い替える場合は、SIMの入れ替えができるまでの期間も考えておきましょう。

シンガポールでは滞在先や街のいたるところにフリーWi-Fiがあるのが一般的なので、データ容量を使って動画を観でもしない限りそこまで費用が高くなることはありません。

現地での生活の様子が少しでも想像できましたか?生活だけではなく、シンガポールのインターンシップについて更に詳しく知りたい方は以下のページをご確認ください!
⇒シンガポールのインターンシップ情報トップページ

その他の出費について

ちょっとした雑貨を買ったり、週末にお出かけしたりで発生する費用です。基本的には食費と同様に現地民の行く場所で買い物をすれば出費を抑えることができます。

生活に必要な雑貨は日本でおなじみのDAISOがお勧めです。(シンガポール人からも大人気です。)2ドル均一で生活必需品が殆ど揃ってしまうのは、インターン生にとっては頼りになるのではないでしょうか。

コーヒーであればスターバックスやコーヒービーンズ等の欧米系のコーヒーショップよりも、「コピ」と呼ばれる東南アジアで飲まれるのコーヒーショップに行けば低価格でコーヒーを買うこともできます。

シンガポール1ヶ月の生活費の例

それでは、先輩インターン生と現地社員の1か月の生活費を確認していきましょう!男女別にまとめたので、参考にしてみてください。※飲酒に掛かる費用は「その他」として計算しています。

女性インターン(大学生)
年齢20代前半
食費500~600ドル
家賃750ドル(HDB)
交通費約120ドル
携帯代約50ドル
その他約300ドル
1ヶ月の生活費 1,720~1,870ドル
※日本円で月々14万~15万円
男性インターン(大学生)
年齢20代前半
食費450~600ドル
家賃600ドル(HDB)
交通費約100ドル
携帯代約40ドル
その他約200ドル
1ヶ月の生活費 1,390~1,540ドル
※日本円で月々11万~12万円
女性(正社員)
年齢20代後半
食費500~600ドル
家賃700ドル(HDBの1室)
交通費約100ドル
携帯代約50ドル
その他約300ドル
1ヶ月の生活費 1,650~1,750ドル
※日本円で月々13万~14万円
男性(正社員)
年齢20代後半
食費500~600ドル
家賃900ドル(古いタイプのコンドミニアムの1室)
交通費約120ドル
携帯代約120ドル
その他約200ドル
1ヶ月の生活費 1,840~1,940ドル
※日本円で月々15万~16万円

シンガポールでインターンシップをした場合に掛かる大体の生活費のイメージを持って頂けたのではないでしょうか?生活費だけではなく先輩インターン生の体験談も知りたいという方は「海外インターンシップ体験談」をご覧ください。

まとめ

シンガポールでの生活費についてまとめてみました。シンガポールは物価が高いと言われている国ではありますが、出費のポイントさえ押さえればそこまで生活費が膨らんでしまうこともありません。特に家賃は最初の契約で決まった金額を払い続ける事になりますので、しっかりと準備をしましょう。

シンガポールでインターンシップに挑戦

インターン海外と一緒にシンガポールでのインターンに挑戦しよう!

  1. INTERN KAIGAI(インターン海外)の強み」とは?
  2. インターンシップに掛かる費用」をチェック
  3. お問い合わせ」からカウンセリング予約